東風は構造、素材、美しさで長寿命を実現します

美しい伝統構法の家に欠かせない、3つの条件

1. 構造に金物を使わない、石場建て伝統構法

現在一般的につくられている在来工法の家は、金物で柱と梁を緊結し、基礎に建物をボルトで固定するよう義務付けられています。
在来工法による家の寿命が長くて100年程度なのは、この金物(ボルト)が錆びてしまうからです。

石場建て伝統構法の家は構造体の緊結に金物を使わず、木の栓を用います。
上の写真は骨組み組立て時の写真ですが、構造材同士の緊結に金物が使われていないことがお分かりだと思います。
壁は竹とわら縄と土壁でつくります。
これは300年の耐久性のための第1条件です

 

石場建て伝統構法とは?

石場建て(いしばだて)というのは、柱が石の上に載っているだけの建て方のことを言います
つまり、地面と建物とが緊結されていません。
石場建ては推されればズレ、突き上げられれば上に浮くことで、巨大地震の際に地震力を逃がして被害を軽減する仕組みがあるのです。

 

2. 素材/旬伐り×葉枯らし×自然乾燥の国産原木

 

東風の伝統構法石場建ての家は300年先まで使うため、耐久性の高い木材が必要です。

そこで私達は、お客様に自信を持って
「この木なら大丈夫ですよ。300年もちますよ」
と言える木材はどういうものかと一生懸命考えました。

その結果たどり着いたのが『旬伐り×葉枯らし×天然乾燥』の条件を全て満たす木です。
しかし残念ながら、現在このような木を市場でそろえることは不可能です。
国産材として流通している木材のほとんどは伐採時に葉枯らしをせず、サウナのような乾燥室に3週間木材を閉じ込めて強制的に乾燥させた人工乾燥材なのです。

だから私達は信頼できる林業家に直接依頼し、自分たちも山に行って木が育った環境を確認した上で特別に木をつくってもらうのです。
乾燥には約2年間ストックヤードで寝かせて、常温でゆっくり乾かしています。

 

3.美しさ/長く愛されるために美しさは必要

数百年にわたって愛される建物は、いつの時代でも美しいと感じさせることが必要です。

上品なデザインを考え、時を経るごとに深みが増す素材(木、土等)を使う。
そして素材の良さを活かす職人の高い技術でつくる。

そうすることで、素材である木の美しさが浮かび上がってきます。
私達は自信を持ってそれをご提供します。

 

カテゴリ内ページ一覧

no image

築100年の古民家を、さらに200年使えるように再生する

こんなことで悩んでおられませんか? 築100年以上の歴史ある古民家を再生して豊かな暮らしを始めたいけれど、どの会社に頼むべきか迷っている・・・。 多くの方が感じておられる、そんなお悩みにお答えします。   お悩み1) 古民家再生の実績が豊富な会社に依頼したい。 耐震・安全性能に問題はないの? 回答1.私たちは木造建築専門の会社で、古民家再生の耐震改修を最も得意としています 社名を見て頂ければ一目瞭然ですが、私たちは木造建築だけを専門に手掛ける会社です。 (社名:株式会社 木造建築 東風) そして ...

旧家の新築

なぜ?石場建て伝統構法なのか? 東風の特徴 長期優良住宅で建てても 30年、60年後には古い家と呼ばれ、 大規模リフォームか建て替えなど 住み継ぐには資金が必要です。 東風の家は、新築時には品格があり、 60年後も古くならず風格が増します。 耐震性・耐久性も歴史の事実が証明し、 300年建て替え不要となる 日本で最も信頼できる石場建て伝統構法です。 外観は品格のあるモダンジャパニーズでありつつ 内部は気密・断熱を高くでき、夏・冬も快適です。 次世代の子供たちも住み継ぎたい 外国からのお客様にも自慢したい ...

石場建て伝統構法や古民家再生(リノベーション)の価格帯

工事にかかる価格帯の目安 参考価格 参考までに、これまでに木造建築 東風で手がけてきた物件の工事費用(坪単価)は下記の通りです。 石場建て伝統構法新築の場合(全て天然乾燥・国産の無垢材使用 )・・・150万円/坪~リフォーム(屋根葺替なし) の場合・・・75万円/坪~ 古民家再生(現地再生・瓦葺替なし)の場合・・・75万円/坪~ 在来工法  (手刻み)新築の場合( 全て天然乾燥・国産の無垢材使用 )・・・120万円/坪~ あなたに合わせた建物をつくる 家づくりのご予算は、改めて言うまでもなくお客様によって ...

超高齢化社会の到来と生活の不安をなくすための家づくり

家づくりの際に、このようなお悩みはありますか? お悩み 相続税が高くて悩んでいる →相続税の対象なとる財産が1億円以上の場合、相続税率は40%-55%。 子や孫にどう資産を残そうかと考えている 親のお金で子の家を建て、名義は親のままにしておく。死ぬときに相続すれば、金融資産を残すより節税効果も大きく、子供からも感謝される。お金だけ子供に贈与すると、子供はすぐに忘れ、子供から感謝されない 事業後継者問題や家系存続問題で悩んでいる 老後の生活に不安を感じている (子供は近くにいてくれるだろうか・・・) これか ...

木製建具の違い_框組戸とフラッシュ戸

よくあるご質問と回答/石場建て伝統構法と古民家再生(リノベーション)

【よくあるご質問と回答】 1.構造に関するご質問  1-1.耐震・免震・地盤  1-2.断熱について  1-3.家相について 2.設備に関するご質問  2-1.床暖房について  2-2.建具について 3.問い合わせについて  3-1.問い合わせ前の不安  3-2.設計者選定に際して 構造に関するご質問 耐震・免震・地盤 免震って何ですか? 免震構造というのは、すべり面を設けることで地震の揺れが建物に伝わらないようにして、巨大地震時の建物の被害を防ぐというものです。石場建ては免震構造だと言われる方が建築業界 ...

Copyright© 伝統構法(伝統工法)木造建築 石場建て300年長寿命住宅や古民家再生の建築家【東風】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.