月別アーカイブ:2019年11月

旧家の新築

なぜ?石場建て伝統構法なのか? 東風の特徴 長期優良住宅で建てても 30年、60年後には古い家と呼ばれ、 大規模リフォームか建て替えなど 住み継ぐには資金が必要です。 東風の家は、新築時には品格があり、 60年後も古くならず風格が増します。 耐震性・耐久性も歴史の事実が証明し、 300年建て替え不要となる 日本で最も信頼できる石場建て伝統構法です。 外観は品格のあるモダンジャパニーズでありつつ 内部は気密・断熱を高くでき、夏・冬も快適です。 次世代の子供たちも住み継ぎたい 外国からのお客様にも自慢したい ...

伝統構法の石場建て建築士 佐藤仁

ホームページをリニューアルしました

最新情報は、メールマガジンをご購読下さい。

(事例写真)古民家再生・石場建て伝統構法/奈良・桜井市/参道に建つ家のリノベーション

建物の写真   その他の施工事例を見る

Copyright© 伝統構法(伝統工法)木造建築 石場建て300年長寿命住宅や古民家再生の建築家【東風】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.