本文へスキップ

木造建築と石場建て伝統構法の建築家【東風】(大阪、京都、兵庫、奈良)

木曽のみんなが建ててくれた大阪の家 /大阪府四條畷市HEADLINE

概要・コンセプト

T様のご主人は、
「家内のふるさとである、信州・木曽の檜を使って大阪に家を建てたい」
というご要望を最初からお持ちでした。

木曾在住のお義父様やご親戚のみなさまの協力を得て、天然の木曾檜の他に、天然唐松、キハダ、エンジュなど、関西では入手が困難な木も使わせていただき、木曾の雰囲気を身近に感じられる家ができました。

建物の写真

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅外観

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅玄関内観 大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅WC内観

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅リビング内観1
リビング周辺には、奥様の里である木曽産の様々な樹種(木曽檜、唐松、キハダ、ヒバ、欅など)の材を使わせて頂きました。

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅吹抜けと木組み 大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅リビング内観2

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅木曽檜のテーブル
リビングの真ん中にど〜んと座っているのは、木曽檜の大木を輪切りにしたもの。奥様のお父様が若い時に伐採されて数十年寝かしていたもので、樹齢にしたら500年以上は軽く経ているでしょう。

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅薪ストーブ
暖房は、大型の薪ストーブ1台でまかなっていて、冬になるとこれで焼きりんごや焼き芋などを楽しまれます。

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅和室のピクチャーウィンドウ
敷地の北側には、道路を挟んで大きな公園があります。
この公園の緑を家の中から楽しめるようにと考えて、大きなFIX窓を設けました。

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅和室続き間

大阪府四條畷市T様邸伝統構法住宅和室床の間

伝統構法の家 夜になると室内の明かりが漏れて行灯のような表情になります 室内のあちこちを照らす温かな照明と木組みが織りなす美しい陰影
自分の家の夜景を楽しめるのが、東風の建物の特徴のひとつです。

女性照明作家による手作りの照明器具 紙と竹と枝を使って作ったやさしい雰囲気の照明器具
T様のお宅では、リビング周辺の照明器具を女性の作家の方にお願いしてつくって頂きました。
女性らしく、木の枝やつる、紙などの素材を使った優しい雰囲気の器具です。

建築主T様ご家族に、竣工後の感想をお聞きしました

大阪府四條畷市で伝統構法住宅を新築されたT様ご家族

Q1 .あなたが東風に依頼しようと決めた理由を教えて下さい
ホームページを通しての人柄がそのままで、誠実・明瞭・フットワークが軽く、コミュニケーション力に優れていて、ウチの超難問であった木曽の木で建てたい気持ちを全面的に受け入れてくれたこと。
他の工務店・建築家には相手にもされませんでした。

Q2. 東風の家づくりで、印象に残ったことは何ですか?
木曽へ5回ほど一緒に行ってもらって、材木・工法について親類の工務店との折衝にあたってくれたこと。
折衝にあたり木曽での木の使い方を参考にして、設計にも最大限取り入れてくれたこと。
当初予定になかった梁・棟木の部材は、家内の親類が保有する松林に伐採してあったもの。
その原木を見た佐藤さんの「これ使いましょう!!」の一言で、9本の梁・棟木になったんですが・・・実は伐採された松林の眼前に広がる畑は私達夫婦が初めて出遭った場所だったんです。
家内は、出遭えた場所の「あの木が使えてよかった!」その想いが1番強いと言ってました。

Q3. 東風のサービスをあなたのお友達に勧めて頂ける点は何ですか?
とことんやってくれます!
木造に対する知識が卓越しています。
皆に愛される木造を設計してくれます。