本文へスキップ

木造建築と石場建て伝統構法の建築家【東風】(大阪、京都、兵庫、奈良)

吉野杉で建てた木の家 /奈良市HEADLINE

概要・コンセプト

奈良市内に吉野産の杉と桧をふんだんに使った家を建てられたO様ご夫妻。お父様が絶大な信頼を置く、ピカイチの腕利き大工さんに手がけてもらい、ご夫妻の趣味の良さが活きる美しい家に仕上がりました

建物の写真

角地に立つ板張り+黒漆喰の端正な外観は、とても目を引きます

外壁は杉板張りと黒漆喰の組み合わせ

吉野杉の赤身でつくった玄関の格子戸 玄関室内の板戸は舞良戸で統一。明りは間接照明のみ

黄色のガラスは手づくりの泡入りガラス 洗面脱衣室の壁と天井には実生(みしょう)の桧の幅広板を張った

リビング上部吹抜けの見上げ写真。吉野杉の木組みと陰影 2階個室の入口には、差し色の赤い襖を採り合せた