本文へスキップ

木造建築と石場建て伝統構法の建築家【東風】(大阪、京都、兵庫、奈良)

東風の家づくりの進め方についてHEADLINE

1. お問合せ

下記いずれかの方法で、まずご連絡下さい
 ・ホームページのお問合せフォームからお問合せ内容を送っていただく
 ・電話・メール・FAXなどでご連絡いただく
その後、木造建築 東風より、改めてご連絡差し上げます。

東風の問合せバナー

2.事前相談

これから計画される、お客様のお住まいに対するご希望・お考え・ご予算について、アンケート用紙を使って詳しくお話を伺います。
この時にこれまでに東風で設計させて頂いた物件の事例写真を見ていただいたり、現場をご案内したり、素材のサンプルを見ていただくなどして、お客様のご質問にお答えします。

事前相談

3.計画案のご提案

次に計画地(建設予定地や改修予定の建物)の現地調査を行い、法的な規制を市役所で確認します。
その後、第1回目の計画案のご提案を行います。
同時に概算予算、お支払のスケジュール、全体工程などについてもご説明します。
(ここまでの労務費用は頂きませんが、遠隔地の場合は交通費のみご負担頂く場合もあります)

現場確認

4.設計契約

第1回目のプランご提案、および予算組み立てや全体スケジュールなどが明確になり、お客様が東風へのご依頼を決断されましたら設計契約を締結します。
契約に先立って、契約書の内容などについては書面でご説明させて頂きます。

設計契約

5.基本設計

何度か間取りや建物の形状に関するご提案を重ねていき、建物全体の間取りや外観イメージ、内部空間構成を固めます。
(平面図と断面図・立面図などを作成) 

イメージパース

6.詳細設計

基本設計が固まりましたら、構造・素材・設備機器・細部のデザインなどについて設計・打ち合わせを重ね、工事の見積りができるための詳細図面一式を作成します。 

詳細設計

7.工事見積り・建築確認申請

詳細な設計図が出来上がったら、施工会社選定のために1〜3社に見積を依頼します。
施工会社から提出された見積書は東風にて精査した上で、お客様が施工会社を選んで頂けるように助言・サポートを行います。
また、施工者決定から着工までの間に、建築確認申請手続きを進めます。

見積書

8.着工・工事監理

工事が始まりましたら、設計図書通りに工事が進んでいるか、要所要所で現場に出向き、確認を行います。
工事の進捗状況に合わせて、概ね2〜4回程度/月のペースで現場に出向きます。
また工事中には建築基準法に則った中間検査の申請・立会いも行います。

工事監理

9.竣工〜ご入居

竣工前には、建築基準法に則った完了検査の申請・立会い、外構工事、施工会社との追加・減額工事などに関する清算書類の精査などを行い、最終引渡しを迎え、新居へのご入居となります。 

竣工

10. 1年検査

竣工後約1年が経過した時点で、1年検査を行います。
1年経過すると、木製建具に多少の狂いが生じて調整が必要になることが多く、建物にお住まいになっている中でメンテナンス方法に関する疑問点なども生じてきます。
木製建具の微調整を行い、お客様のご不明点などにお答えして1年検査を終え、契約業務はここで完了となります。

1年検査